範馬刃牙 (はんま ばき)

【ファイトスタイル】自己流 格闘術
【身長】 167cm
【体重】 71kg
【出身】 日本
【名言】 「足腰立たなくなるまでブッ叩くッッ」
【得意技】 腕固め、剛体術、新コブラツイスト、一本足4の字、リアルシャドー など
【モデル】 総合格闘家 平直行

バキシリーズ(グラップラー刃牙、バキ、範馬刃牙)の主人公。
弱冠17歳で地下闘技場の最大トーナメントに優勝。
他の格闘家が地上最強を目指しているのに対し、「もし父親が地上最弱の生物であるなら、自分は二番目に弱い生物で構わない」 と父である範馬勇次郎に勝つことのみを目標とし日々トレーニングを続けている。

これまで、烈海王、ジャック・ハンマー、シコルスキー、柳龍光、マホメド・アライJr、ビスケット・オリバなど、数々の強者と対戦し勝利してきた。着々と格闘家としての腕を上げていった範馬刃牙は、ついに範馬勇次郎にその実力を認められ、対戦の許可を得る。異母兄のジャック・ハンマーはこれに嫉妬。