打撃筋とは

日本の古武道にだけ存在する打撃筋(ヒットマッスル)。
打撃筋鍛錬法により、打突の要と言われる背筋が悪魔(鬼)の貌を造り出す。本編では、範馬勇次郎範馬刃牙がこれにあたり、他の格闘家と背筋の構成が明らかに異なる。郭海皇はこれを 「天然戦闘形体」 と表現した。