瓦割りとは

空手家などが腕自慢をする際に行うパフォーマンスの一つ。
瓦を平積みにし、拳や手刀で割るもので、何枚割れたかで力量の参考とする。
範馬勇次郎は、40枚積み上げられた瓦を前に 『こんな、せんべい程の土の塊を何枚割ったところで何の目安にもなるまいが』 と言い、いとも簡単に40枚の瓦を粉砕して見せた。