愚地克巳の真マッハ突きは、先人の格闘家が練り上げ積み上げてきた知恵と術理を飛躍させるものだった。想像(イメージ)により加速する回し蹴り、同様のメカニズムにより放たれる手刀は音速(マッハ)を越える。

今週の範馬刃牙 第128話 『空気の壁』
※画像の出典:『SON OF OGRE 範馬刃牙』 著者:板垣恵介 (秋田書店)

その破壊力は原始の力にも確実なダメージを与えるもので、遂にピクルからダウンを奪った。
ピクルのダウンに会場の興奮もピークに達する。

『 バキよ、これはひょっとして・・・』
『 克巳の勝ち!!? 』

しかし、問題は真マッハ突きを放った愚地克巳の体・・・
両手と左足が無惨にも破壊され、さすがの愚地克巳も苦痛の表情を浮かべる。
究極まで鍛え上げられた愚地克巳の拳をもってしても破壊されるのだ。

今週の範馬刃牙 第128話 『空気の壁』

『 鋼鉄で出来とるんかいッッ 』
『 ピクルの肉体はッッ 』

驚く様子の徳川光成にペイン氏が静かに語りはじめる。
真マッハ突きにより愚地克巳にかかった負担について、ペイン氏は航空機を例に上げた。
航空機が1225kmを越えるその瞬間、音速の壁を越えるソニックブームと呼ばれる現象によって発生する負担は、金属製の物体でさえも破壊する例が数多くあるという。

今週の範馬刃牙 第128話 『空気の壁』

真マッハ突きを放った瞬間、それと同様の凄まじい負担が愚地克巳の拳に課せられたのだ。
肉体の問題ではなく、音の壁による問題。
ようやく手に入れた絶対的な有利を前に、愚地克巳もまた跪いた。

今週の範馬刃牙 第128話 『空気の壁』

一方ピクル・・・
格闘家の命ともいえる拳を犠牲にした愚地克巳の真マッハ突きを喰らったピクル。
人生初のダウンを奪われたピクル。
しかし・・・ピクルのダメージはすでに回復しつつあった。
そして。
烈海王を仕留めた時と同様の体勢でピクルは笑みを浮かべはじめる。

今週の範馬刃牙 第128話 『空気の壁』

再びディナータイムがはじまってしまうのか!?

[管理人の感想]
いよいよ克巳が食われる流れになってきました。
今週の範馬刃牙を見る限り、「真マッハ突きもピクルには通用しなかった」 と判断せざるを得ません。なんたってピクル笑ってますから・・・w

しかし、克巳はまだ右足を残しています。
このまま、すんなり食われることはないと思われます。(そう信じたい。)
それから、真マッハ突きの威力を忘れてはいけません。
回復しているように見えても、ピクル本来の力は発揮できないはずです。

個人的には、ここからまた、二転三転するような気がしています・・・