真マッハ突きの衝撃に耐えられず、骨がムキ出しになってしまった克巳の右腕。
倒れたピクルを前に勝利を宣言した克巳であったが・・・

せいいッ

末堂の掛け声により湧き上がる場内。
門下生たちは歓喜に満ち溢れ、正拳突きを繰り返していた。

・・・そんな中、克巳は気付いていた。

みんな・・・オドろくな・・・

この雄は倒されているのではない

勝手に眠っているだけ・・・ッッッ

克巳が最後にたどりついたマッハの最終形態 『当てない打撃』 もピクルには通用しなかったのである。会場で観戦していたペインもまた、それに気付いていた。

ピクルは休憩(やす)んでるだけ。
勝ち負けはもう決まっている。

この戦いの決着は既に着いているというペイン。
確かに、克巳の深刻なダメージは誰の目にも明らかであり、他の手足も使用不能ときている。
止血を施しているとはいえ、このままでは息絶えてしまうだろう。

ペインは克巳VSピクルの戦いを大自然の中で行われたものと仮定し語りまじめる。

『 もうミスター克己に攻撃を加える必要はない 』

『 野生は決して無駄をしない 』

要するに、ピクルは克巳が息絶えるのを寝て待っている言うのだ・・・。

眠っている間に逃げられようとも、出血による痕跡を辿ればいい。
眠っていても勝手に息絶えるだろう。
これがピクルの判断であり、彼にとって最も理にかなった考え方なのだ。
ピクルの中で、もう決着はついているのだ・・・。

一方、克巳は眠りについたピクルを眺めていた。
眠っているはずのピクルのまぶたから、涙が滴り落ちているのがわかった。

ピクルが涙する理由・・・
克巳は光成の言葉を思い出していた。

ピクルは襲い来る強敵を好み食す。
食す時に発生する 『 別れ 』 を惜しみ涙するのだと・・・

ピクルは克巳を強敵だと認めているのだ。
克巳はゆっくりとまぶたを閉じ、俯きながら心の中でささやいた。

『 ありがたい・・・ 』

そして、頃合いと言わんばかりにピクルがゆっくりと立ち上がりはじめる。
その目には涙が溢れていた。

会場を仕切る末堂もまた異変に気付き、門下生の正拳突きを静止させていた。

『 館長・・・逃げろ・・・ 』 と末堂。

しかし、克巳は逃げない。
立ちはだかるピクルを前に、克巳は堂々としていた。
克巳の覚悟は偽者ではなかった。

『 ピクルよ 』

『 持ってけ・・・ 』

『 この命ごと 』

そして・・・
克巳の横を一筋の光が走った。
ピクルは、まるで子供のように泣きながら克巳の右腕を食した。

最後に克巳はこう言った。

『 俺は美味いかい・・・ 』