ビスケット・オリバ(ミスター・アンチェイン)

【ファイトスタイル】 怪力
【身長】 180cm余り
【体重】 150kg(の筋肉)
【出身】 アメリカ
【名言】 「100キロも軽い少年に、わたしが、アメリカが・・・」
【得意技】 力技、剛体術、正面からの殴り合い など
【モデル】 ボディビルダー セルジオ・オリバー

怪力無双のキューバ系アメリカ人。軍事用に使用される衛生から動向を監視されている。
世界一パワフルな男で、飛行中のヘリコプターを引っ張るトレーニングなど、とてつもなく巨大な筋肉と力を持つ。(それでいて知性に優れ、日本語もペラペラ)
また、囚人でありながらアリゾナ州立刑務所を自由に出入りし、周囲から 「ミスター・アンチェイン(繋がれざる者)」 と呼ばれる。アリゾナ州立刑務所では、囚人と思えぬVIP待遇で、豪華なスイートルーム、葉巻、食前酒、ステーキ、食後のデザートなど、贅を尽くす。

第三部 『範馬刃牙』 では、ミスター2 純・ゲバルやバキとの戦いで大活躍。
バキとの戦いでは剛体術などで追いつめるも、バキからの提案 「正面からの殴り合い」 により敗北を喫す。
その後、アリゾナ州立刑務所のNo1を奪われたオリバはガマンができず、所長に対しバキ出所命令。戸惑う所長に 「4000人の脱走よりゃいいだろ 」 で一蹴。
あの範馬勇次郎が一目を置く男である。

【コメント】
何を持ってしても、その怪力で相手をねじ伏せるあたりは最もシンプルでわかりやすい。
※ちなみに、散弾銃(ショットガン)で撃たれても死なないw

範馬勇次郎(オーガ)と旧友っぽいが、どういった繋がりかが不明・・・orz
力比べならピクルを上回るよね、きっと。