抜拳術とは
抜刀術(刀、剣)ならぬ、拳を用いた居合術。
ハンドポケットの状態から、手の位置はそのままで腰をきり抜拳する技。
ノーモーションからの抜拳は、相手からその拳を抜く動作が見えない。またポケットの中で拳の加速が終了しているため、相手が構えた状態から攻撃をスタートしても決して出遅れない。
【この技を使用した主な登場人物】
龍書文

continue reading.....